スマートフォンサイトはこちら

文字サイズ

お問い合わせ

0567-96-2000

患者さんへのご案内

  • TOP
  • 外来のご案内

外来のご案内

外来診療表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 受付時間 午前8:00~午前11:30(診療時間 午前9:00~)
内科1 下野
内科
神経内科
榊原院長
内科
神経内科
榊原院長
内科
神経内科
榊原院長
内科
神経内科
内科2 奥村
内科
循環器内科
医師
循環器内科
伊藤
内科
神経内科
医師
内科
(交代制)
内科3 松崎
総合診療科
山田
老年内科
松崎
総合診療科
河合
糖尿病内科
服部
消化器内科
整形外科 坂野副院長 若林 坂野副院長 山口 坂野副院長 坂野副院長
伊藤
(交代制)
午後 受付時間 午後4:00~午後6:30(診療時間 午後5:00~)
内科 奥村
内科
循環器内科
松崎
総合診療科
片山
リウマチ科
(17:45~)
医師
内科
(交代制)
整形外科 横田
鈴木
(交代制)
岸本 坂野副院長
  1. 診察は予約制ではございません。
  2. 介護保険でのリハビリ(通所リハ)も行っていますが医療保険のリハビリとの併用はできません。

外来初診の方へ

イメージ

外来初診時の持ち物

  • 保険証・医療受給者証など
  • 他院からの紹介状やレントゲン・検査結果のある方・お薬手帳(お持ちでない方は、今飲んでいらっしゃる薬をご持参ください。)

各科紹介

神経内科

神経内科とはどんな科ですか?

内科の中の一分野で、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を診ています。一番多いのが脳卒中で、当院では急性期(主に脳梗塞)および回復期リハビリテーション、その後の療養までカバーしています。他にパーキンソン病などの神経難病、ギラン・バレー症候群などの末梢神経障害や筋ジストロフィー症などの筋疾患などがあります。また、近年社会的に問題になっている認知症も対象です。これらは長期の診療、療養になる場合が多く、当院ではリハビリテーションや在宅療養などにも対応しています。
また、外来では片頭痛やめまい症も診ています。

こんなときはご相談ください

手足の麻痺・脱力   動作緩慢      歩行時のふらつき  神経痛
手足のしびれ     けいれん      転びやすい     頭痛
手足の動きが悪い   筋肉のやせ・痛み  言葉のもつれ    物忘れ
手足や頸部の震え   顔面のゆがみ    顔面の痛み     認知症 など
なお、イライラ感、精神不安、ノイローゼ、気分の落ち込みなどの精神症状は対象にはなりませんのでご注意ください。

担当医師紹介

榊原 敏正(さかきばら としまさ)

院長
内科
神経内科
日本神経学会専門医 指導医
日本内科学会認定医
日本脳卒中学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
日本頭痛学会専門医
日本医師会認定産業医
もの忘れ相談医

下野 哲典(しもの てつふみ)

神経内科
内科
日本神経学会専門医
日本内科学会内科認定医
日本内科学会総合内科専門医

伊藤 高行(いとう たかゆき)

神経内科 愛知学院大学心身科学部健康科学科教授

整形外科

整形外科とはどんな科ですか?

整形外科は、骨・軟骨・筋肉・脊椎に対してアプローチし、失われた機能を取り戻し、歩けなかった患者さまが歩けるようになる、痛みから解放される、手が使いやすくなるなど、日常生活動作の改善に寄与しようとする科です。転倒やスポーツによる外傷から、腰や関節の慢性疾患まで幅広く診断、治療を行っています。また、高齢化社会の訪れとともに増加している骨粗鬆症の診断、治療も整形外科の重要な診療領域です。

こんなときはご相談ください

膝関節が腫れて痛くなり歩きにくくなった
しりもちをついてから腰が痛い
転倒して手をついたら、手首が痛くなった
肩が痛くて挙上ができなくなった
階段を踏み外して足首をひねってから、足首が痛い
上記以外にも整形外科にかかわる症状はいろいろあります。上肢、下肢、関節、頸部、腰部などに痛みや腫脹があるときは、整形外科に受診してください。
また、骨粗鬆症が心配な方も疼痛などがなくても骨密度検査を行い、診断、治療ができますので気兼ねなく相談してください。

担当医師紹介

坂野 真士(さかの しんじ)

副院長
整形外科
日本整形外科学会専門医
日本温泉気候物理医学会温泉療法専門医
日本リハビリテーション学会認定臨床医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

伊藤 定之(いとう さだゆき)

整形外科 日本整形外科学会 会員
名古屋大学 整形外科 脊椎班

山口 英俊(やまぐち ひでとし)

若林 正和(わかばやし まさかず)

総合診療科

総合診療科とはどんな科ですか?

よくある病気から原因がはっきりしない症状の対応まで、幅広い知識を駆使して医療面接、診断および初期診療などのプライマリーケアを行います。
プライマリーケアとは、良好な医師―患者関係をもとに「身体―精神心理―社会生活面」の相互関連を見ながら総合的・全人的にアプローチしてゆく医療です。
また、高度な専門医療が必要な患者さんは、各専門医と連携を図りつつ、最善のタイミングで、最善の治療が受けられるよう紹介いたします。

こんなときはご相談ください

かぜ、頭痛、めまいなど日常よくみられる症状のある患者さん
高度な専門医療を必要としない患者さん
原因がはっきりしない症状のある患者さん
他院で確定診断に至らなかった患者さん
何科を受診したらよいのかわからない患者さん
多くの臓器にまたがって治療を要する患者さん

【例】多くの科・病院に受診しなくてはならず困っている方 ご高齢の方

担当医師紹介

松崎 安孝(まつざき やすたか)

総合診療科 前津島市民病院院長
日本外科学会 前指導医
日本消化器学会 前指導医

リウマチ科

片山 雅夫(かたやま まさお)

老年内科

老年内科とはどんな科ですか?

高齢者の方を総合的に診療する内科です。
高齢になると複数の病気を持つ方が多くいます。病気なのか老いのための症状なのか、はっきりしない場合もあります。老年内科は、一つの病気にとらわれず、それぞれの患者さんにとって大切なことをご本人中心に考えて治療し、支援させていただく診療科です。
【主な対象疾患】
高血圧、糖尿病、脂質異常症、認知症、動脈硬化症、脳卒中、慢性心不全、骨粗鬆症 など。

こんなときはご相談ください

物忘れのために困っている
いろいろな生活習慣病に対して総合的な診療を受けたい
年のためと思われる体の不調がある
いくつかの症状や病気が重なっていてどの科を受診したらよいかわからない
病気だけでなく、療養や介護のことについても相談したい

担当医師紹介

山田 洋介(やまだ ようすけ)

循環器内科

奥村 聡(おくむら さとし)

循環器内科 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本抗加齢医学会専門医

消化器内科

服部 信幸(はっとり のぶゆき)