医療法人 瑞頌会

採用サイト

先輩インタビュー

INTERVIEW

うまく話せなかった方がご家族とコミュニケーションを取れるようになるのを見ると「頑張ろう」って思えます 言語聴覚士 8か月

勤務時間の融通が利き、仕事と育児を両立できる

幼い子どもがいるわたしには「1週間の勤務日数を減らして働きたい」という思いがありました。転職前もパートとして働いていましたが、前職ではわたしの働きたい時間数と実際の勤務時間数が次第にあわなくなりました。

かにえ病院の面接にて「仕事と育児を両立したい」と相談したところ、わたしの働きたい時間数にあわせて柔軟に勤務を組んでくれるとのことだったので、こちらに転職しました。

  • 多職種との意見交換から、
    幅広い視点での学びを得られる

    仕事内容は痰の吸引・経管栄養・点滴管理などの看護全般の業務をしており、担当の患者さんもプライマリーで受けもっています。業務内容が多岐にわたるので無駄なくスピーディーにこなしつつ、丁寧さを忘れないように心がけています。

    患者さんには常に笑顔で接し、心地よく感じてもらえるように優しく柔らかな声かけを意識しています。

患者さんご本人やご家族とは特に深く関わりますが、例えば、わたしの名前を覚えてくれたときや打ちとけてお話をしてくれたときに、信頼関係を築けていると実感できて幸せな気持ちになります。

また、意見交換の場にもやりがいを感じています。かにえ病院には多職種のスタッフが勤務しており、意見交換をする機会がとても充実しているので、さまざまな視点から患者さんを見ることができます。

医師・リハビリスタッフ・看護師が月に2回一堂に集まってカンファレンスを行うほか、チーム医療としてのカンファレンスも行われています。リハビリスタッフとも頻繁にカンファレンスを行っており、ソーシャルワーカーとも情報交換や意見交換を通して、毎回新たな気づきを得ています。

  • 上司や同僚に支えられ、
    安心して働ける

    育児に理解のある職場で、上司に勤務時間の相談すると快く応じてくれるので、仕事と育児のバランスもとれています。

    子どもが急に熱を出しても同僚がわたしの仕事をカバーしてくれて、「早く帰ってね、無理しないようにね」と気づかってくれます。育児の悩みを周囲に相談しやすいことなど、上司や同僚に支えられて安心して働けるところが、かにえ病院の魅力につながっています。

今は子どもを優先して勤務時間数を減らしていますが、育児が落ち着いたら常勤職員として働きたいと考えています。

他のインタビューを見る